発達障害ってなに?〜理解から始まる支援〜

2013.10.31 Thursday

0
    新潟県発達障がい者支援センター 「RISE(ライズ)」様からフォーラムのお知らせを頂きました。

    チラシ申込書をご覧ください。

    発達障がいってなに?〜理解から始まる支援〜

    日時:平成25年11月29日(金)午後1時〜4時30分(開場午後0時30分)
    会場:長岡リリックホール(シアター)
    内容:
      1.講演「やさしい自閉症のススメ −特性の理解と歩み寄り−」
        講師 藤村 出 氏 (NPO法人SUN理事長)

      2.シンポジウム
        コーディネーター:新潟県はまぐみ小児療育センター所長 東條惠
                 (新潟県発達障がい者支援センターRISE)
        事例1(児童期)
        「児童期の余暇支援への取り組み」〜一人で留守番ができるまで〜
         シンポジスト:相談支援事業所 他

        事例2(成人期)
        「成人期の就労支援への取り組み」〜働き続けるために必要なこと〜
         シンポジスト:障がい者就業・生活支援センター 他

      3.障害のある方による作品展示
        障害のある方が製作した絵画、手芸等を募集し展示します。


    ご案内「はたらく準備教室」発達障がい者の就職支援

    2013.10.22 Tuesday

    0
      平成25年度 新潟市 障がい者職業能力開発プロモート事業
      発達障がい者就職支援セミナー
      〜 適切な教育訓練で就職可能! 〜

      チラシはこちらです。

      ===============================================
      第一回目 平成25年12月14日(土)  受付9時45分〜
           テーマ:己を良く知ること
       ◎発達障がいのある方が就職(社会参加)する上で抱え込みやすい特性の理解

      午前の部(10時〜12時)   
       ■講義
        .発達障がいのある方の課題
        . 不適合事例(組織の中におけるコミュニケーション、対人関係)
      午後の部    1時〜3時   
       ■グループディスカッション
        意見交換、発表

      ===============================================
      第二回目 平成25年12月21日(土)  受付9時45分〜
           テーマ:「職業人」として求められること
        ◎一般企業への就職に必要な基本知識の習得及びスキル向上

      午前の部(10時〜12時 )
       ■講義
        .ビジネスマナー
        .PDCA(目標設定・計画立案→実行→分析→対策)
      午後の部(1時〜2時半)
       ■グループディスカッション
        意見交換、発表

       ※2時半〜3時 就職ガイダンス
        就職活動の進め方、ハローワークや支援機関の利用方法等

      ===============================================
      セミナー講師:丸山高志
       
      NPO法人にいがた・オーティズム理事
      ワーキングサポートセンター「スタンバイ」プロジェクト・マネージャー

       日本電産グループで企業戦略、新事業の創出、開発、営業等の役員を歴任。定年退職を機に「スタンバイ」で発達障がい者の就労支援に携わる。スタンバイオリジナルアセスメントシステムSIAS(シアス)を開発し、本人が抱える課題の定量化(見える化)による新たな支援方法を実践するとともに、就労先の職域開拓にも積極的に関与している。

      就職ガイダンス:新潟市発達障がい支援センター「JOIN」

      ===============================================

      ■実施時期   全2回 平成25年12月14日(土)、12月21日(土)
      ■開催場所   新潟市総合福祉会館 4階 401号室(新潟市中央区八千代1-3-1)
      ■定  員   50名    (先着順)
      ■受 講  料 無料
      ■対  象   全2回とも講座に参加が可能の発達障がいのある方、ご家族、支援者(福祉・教育等)、企業の方
      ■お問い合わせ NPO法人にいがた・オーティズム(担当宮本・吉田)
              TEL025-250-7365
      <お申込み方法>
      氏名・住所・連絡先・年齢・お立場を明記のうえ
      上記法人までFAXもしくはメールにてお申し込みください。
      FAX番号  025-250-7360 
      e-mail office@niigata-autism.jp

      締切日    平成25年12月1日(日)

      ★「はたらく準備教室」は新潟市が就労移行支援事業を運営する法人に業務を委託して実施するものです★

      はたらくために必要なちから2013

      2013.10.17 Thursday

      0
         新潟市障害福祉課からのお知らせです。

        平成25年度 新潟市障がい者就労支援シンポジウム
        はたらくために必要なちから2013

        第1部 新潟市障がい者就業支援センター 開設にかかる説明会
             説明者 新潟市障がい者就労支援センター
                 センター長 樋口督水
        第2部 企業として、ともに働く仲間として、支援者として語ります!
            本人・家族・支援者・企業ともに育む”はたらくために必要なちから”
             講師  第一生命チャレンジド株式会社
                 常務取締役 小田垣 隆氏
                 課長補佐  斉藤 朋美氏

        日 時:平成25年10月26日(土)午後1時〜4時(開場午後0時30分)
        会 場:新潟県民会館 小ホール
        定 員:先着300名(一般席280名、車いす席20名)
        参加費:無料(手話通訳・要約筆記あり)
        主 催:新潟市
        お問い合わせ:障がい福祉課 TEL 025-226-1249

        申込方法等、詳細はチラシをご覧下さい。

        質を追求する福祉セミナー

        2013.10.17 Thursday

        0
          公益財団法人 真柄福祉財団様からセミナーの案内をいただきました。

          質を追求する福祉セミナー2013
          自閉症・強度行動障害の人たちの暮らしを支える
          「ひとりの人として、自閉症として、人生のシナリオを描く」

          講師:真鍋 龍司さん(札幌自閉症者自立支援センター「ゆい」所長)
          複視・教育の現場で30年余り、自閉症・強度行動障害の人たちの暮らしを支え、障害者・家族と共に歩んでこられたティーチプログラムの先駆者的実践者です。

          日 時:2013年11月29日(金)受付12:30
              1部 13:00〜14:10
                 はるにれの里の研修を通じて学んだこと
              2部 14:20〜16:30
                 「ひとりの人として、自閉症として、人生のシナリオを描く」
          場 所:メディアシップ2F新潟日報ホール
          定 員:180名(申込:先着順)
          参加費:無料
          主 催:公益財団法人 真柄福祉財団「質を追求する福祉検討委員会」

          チラシ申込用紙をご覧ください。

          お問い合わせ先:
          〒950-8535
          新潟市中央区万代3丁目1-1新潟日報メディアシップ8階
          TEL:025-378-8460
          E-mail:fukushizaidan@room.ocn.ne.jp

          ぷれジョブ新潟フォーラムIN長岡

          2013.09.28 Saturday

          0
            ぷれジョブ新潟からフォーラムのお知らせをいただきました。

            平成25年度県民たすけあい基金助成事業 
            第4回ぷれジョブ新潟フォーラムIN長岡”ぷれジョブってなあに?”

            ■基調講演「ぷれジョブってなあに?」
             ぷれジョブ発案者全国ぷれジョブ連絡協議会代表世話人
             西幸代氏

            ■日 時:平成25年11月30日(土)13時〜16時30分
            ■場 所:長岡リリックホール・シアター(新潟県長岡市千秋3−1356−7)
            ■参加費:無料
            ■主 催:ぷれジョブ新潟連絡協議会
            ■後 援:新潟県、長岡市、新潟県教育委員会、長岡市教育委員会、新潟県社会福祉協議会、長岡市社会福祉協議会、新潟県特別支援学校長会、新潟青年会議所、長岡青年会議所、新潟県中小企業家同友会

            申し込み方法など、詳細はこちらをご覧下さい。


            にいがた・オーティズムの事務所にもポスターを貼らせていただきました。





            研究会のお知らせ

            2013.09.08 Sunday

            0
              新潟大学教育学部附属特別支援学校の長澤校長先生から案内をいただきました。

              附属特別支援学校公開研究会と、日本教育大学協会研究集会です。

              チラシ画像

              要項はこちらをご覧下さい。


              自閉症カンファレンスNIPPON 2013

              2013.08.27 Tuesday

              0
                 

                行ってきました!


                 「自閉症カンファレンスNIPPON 2013



                 

                今年度の自閉症カンファレンスで

                ワーキングサポートセンタースタンバイでの

                就労支援の取り組みの実践発表をさせていただきました。


                思いがけなく自閉症カンファレンスに参加させていただく機会を得まして

                自分の発表時間以外はすべてお勉強。お勉強

                 

                今年5月アメリカの精神医学会が

                精神障害に関するガイドラインとして定めた

                DSM−検TRが垢慍訂されました。

                それをテーマに内山登紀夫先生と

                TEACCHのメジボフ先生のディスカッションがありました。

                たぶんこの改定への関心の高さでしょうか、

                定員1000人のところ1300人の応募があったそうです。

                 

                そして、佐々木正美先生の自閉症の人たちに対する優しく温かいお話しと

                メジボフ先生のTEACCHの理念。

                自閉症の人たちの文化の違いを理解し尊重する姿勢こそが

                もっとも重要な第1歩であるというお話

                 

                ともすると毎日の忙しさで忘れてしまいがちになり、

                上から目線になってしまう自分を改めて

                原点にひきもどしていただいた貴重な2日間でした。

                 

                メジボフ先生と名刺交換をさせていただきました。

                もしかするとバイバイ君は海を渡ってアメリカでブレークするかな?

                A.Nakajo

                セミナー・アンケート結果

                2013.08.16 Friday

                0
                   8月3日(土)に開催いたしました
                  自閉症スペクトラム基礎セミナー2013
                  のアンケート結果を、NPO法人にいがた・オーティズムのサイトに追加しました。

                  ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

                  茶話会のご案内

                  2013.08.05 Monday

                  0
                     茶話会のお知らせ

                    子育てについて、日々のあれこれ、情報交換等どなたでも参加できます。

                    日時:8月8日(木) 午前10時〜正午
                    会場:新潟ふれ愛プラザ 集会室

                    ☆今年度は、毎月第二木曜日に定期的に開催しています☆

                      9月12日(木) 新潟ふれ愛プラザ 集会室
                    10月10日(木) 新潟ふれ愛プラザ 集会室

                    自閉症スペクトラム基礎セミナー2013

                    2013.08.05 Monday

                    0
                      去る 8月3日(土)
                      自閉症スペトクラム基礎セミナーを開催しました。

                      参加者61名。





                      毎年、東條先生からASD(自閉症スペクトラム)について
                      ASD者の立場から見る世界、その世界観の理解と
                      実際に彼らに直接関わる人たちが、どのような視点(理解)で
                      支援を組み立てていくことが大切かについて
                      丁寧なご講義をしていただいています。
                      もちろん
                      保護者、保育士さんの参加が多いセミナーです。



                      この日の東條先生の講義を拝聴する中で、
                      やっと、時代が動き、変わり始めたことを感じました。

                      診断は何故必要なのか。
                      幾度となく私たちは伝えてきました。
                      支援を組み立てるためです。

                      親が認めないのですが…という質問も
                      これまでどれくらい受けたかわかりません。

                      親への遠慮が、当のこどもの生育過程において
                      どれほどのデメリットを生じさせるか。させてきたか。

                      手をこまねいているだけ
                      傍観者になるだけ
                      愚痴で終わらせるだけ
                      それらは、もう終わるのです。

                      教育支援者は、個別支援計画を立て、
                      当事者とその家族に、席についてもらいましょう。

                      すべては、そこから始めます。

                      (C.Kakuda)