自閉症になったんじゃない。自閉症に生まれてきただけ。

2006.07.08 Saturday

0
    本日7月8日土曜日の新潟日報朝刊13面に半面で日本自閉症協会からAC公共公告機構による自閉症啓発公告が掲載されています。
    [自閉症は、病気ではなく「障害」です。]
    と明記されています。
    今年度、この公告は全国の新聞社を通じて12月まで展開されます。
    新潟日報を取っていらっしゃる方は今日の新聞をご覧下さい。
    読売新聞は7月2日にすでに掲載されていたという情報です。

    逆さバイバイ

    2006.07.05 Wednesday

    0
      逆さバイバイ現時点でブログの左下にも表示されている(であろう)画像は、会員のかたが「オーティズム・サポーターズ」のために描いたものです。この画像だけ見るとわかりにくいかもしれませんが自閉症の特徴的(?)な「逆さバイバイ」なんです。「逆さバイバイって何?」というかたは「自閉症啓発DVD」等を見ていただければ幸いです。



      おはな逆さバイバイ君缶バッチができました。おはな
      詳しくお知りになりたい方はコチラからどうぞ

      自閉症啓発DVDビデオ上映会

      2006.06.30 Friday

      0
        発達障害の早期発見と早期からの発達支援の現場にいる人々を想定して、少しでも自閉症の理解をしてもらおうと社団法人日本自閉症協会が作成したDVD「自閉症のこどもたちバリアフリーを目指して−」(約30分)の上映会を開催します。入場は無料です。

        とき 平成18年7月11日 火曜日 
           1回目 午前10時半〜
           2回目 午前11時半〜
        会場 新潟ふれ愛プラザ会議室

        お気軽にお越しください。

        【Contents】
        I.自閉症の子どもたち
          よく見られる特徴
          家族からのメッセージ(1)
        II.自閉症ってなに?
          自閉症の発達の経過
          自閉症の原因
        III.もっと知って自閉症のこと
          自閉症と関連する障害
          家族からのメッセージ(2)
        IV.自閉症のある人への支援
          学校での支援プログラム

        【DVDビデオ活用マニュアルより抜粋】
        このDVDには、自閉症のある子のさまざまな行動や身振り手振りが登場してきます。療育の場でよく見ることができる光景かもしれません。しかし、自分で耳を抑えているのはなぜか?ジャンプしたりロッキングしたりするのはなぜ?コミュニケーションがうまくいかないのは?パニックはなぜ起こる?など、あらためて自閉症特有の行動を思い浮かべてください。日常生活や療育の場では、見過ごしていることが見えてくるかもしれません。
         彼らは決して「わがまま」や「反抗」のためそのような行動をしているのではなく、「意味不明なことをする手に負えない子ども」でもないことがわかるはずです。自閉症の子にとって周囲の音がどのように聞こえるのか、目の前の世界がどのように見えるのか…が、このDVDを見るとわかると思います。
         どの子にも決め手になるような療育は提示できないとしても、「〜こういうやり方だとますます悪化させてしまい逆効果ですよ」「〜こういう考え方もありますよ」「〜こういうやり方でうまく行く子どもも多いですよ」という、より良い療育への「道筋」を見つけることができるかもしれません。…略
        ※このDVDは、専門的知識を有する人材を育てるための研修会に活用していただくために、全国の発達障害者支援センターをはじめ、児童相談所や保健所(健康福祉センター)などに配布されています。

        ワーク作業教室

        2006.06.23 Friday

        0
          昨日のワーク作業教室から画像が届きましたので紹介します。
          ワーク担当者です。
          この作業は、ホットドッグ用の串を5本ずつ袋詰めをしているところです。
          このお子さんは、串を5本ずつ数えながら詰めていくことができます。
          この5本という質量が、とらえられないお子さんの場合は、1、2、3、4、5と数字を書いた台紙の上に串を1本ずつ置いて、本数をそろえてから、袋に詰めるという工夫が必要になります。
          同じ作業でも、それぞれの認知の度合いによって支援を整えていくことが必要です。

          茶話会ほか

          2006.06.20 Tuesday

          0
            今日は今年度第一回目の茶話会でした。お客様に高等養護学校から教頭先生をお招きしました。(教頭先生、お骨折りいただきありがとうございました!)
            10年一昔。「ほっぷ・すてっぷクラブ」の仲間のこどもたちがみんな思春期〜青年期へと成長したことをしみじみと感じた茶話会でした。こどもたちも大きくなったけれど、シミ・シワ、白髪、タルミ、皮下脂肪エトセトラ…。母たちも確実に歳を重ねたですね。

            この子たちの一生をブツギリにされない継続・連続した支援が欲しいと願い飛び込んだ親の会。あれから10年。来月、いよいよ新潟県に念願の『発達障害支援センター』が開設されます。
            この子たちのより良い支援が展開されるように、皆さんと共に多くのネットワークを作っていけたらいいですね。

            ヤング・サーキット

            2006.06.16 Friday

            0
              今年度からスタートしました青年部のサーキット『ヤングサーキットクラブ』では、ただ今7月9日(日)に開催される大会(新潟ふれ愛プラザ)に出場するため、ソフトバレーボールの猛特訓中!チーム名はあおぞらオーティズム。当日は応援をよろしくお願いします!!!
              見どころ:床に根づいたような足さばきの中、たまにジャンプパスが観られる。

              サーキットジュニア

              2006.06.14 Wednesday

              0
                サーキットの様子今日のサーキットは初めて全員参加でした!
                みんな楽しそうにやってましたよ.
                Kくんも楽しそうでした楽しい

                今回から「今日の順番」をくじびきで決めて,ビブス(番号が前後に書いてあるもの)を着用しました.
                これで順番を知ってサーキットをすることができます.

                順番を知ることが出来るのでどこに並べばいいのか分かり,注意されずに自分で動けるから安心という,うちの息子のような子もいます.

                うちの娘のように「1番がいい」という子もいます.
                数字の6が好きなので「6のビブスがいい」という子もいます.

                これから毎週,試行錯誤していきます!

                看板の寄贈

                2006.06.14 Wednesday

                0
                  元、江南小学校の校長先生K.I先生から直筆の看板をプレゼントいただきました。ありがとうございます。




                  今日の新潟日報25面

                  2006.06.11 Sunday

                  0
                    『養護学校 自閉症の子急増』『特性指導 遅れ浮き彫り』の見出しで今日の新潟日報朝刊25面(社会面)に特殊教育総合研究所の調査の記事が掲載されました。
                    今回の調査だと、自閉症のこどもの在籍率は、小学部で48%中学部で41%ということだそうです。

                    民生委員のYさん来訪

                    2006.06.06 Tuesday

                    0
                      今日は事務所に民生委員のYさんがお見えになりました。
                      冊子「AUTISM SUPPORTERS」を民生委員の中の専門部会で紹介くださるとのことです。
                      御年、65歳とのご申告のYさん。闊達としたお話ぶり。心強い味方に出会えました。これからも、どうぞよろしく、です。
                      一つ一つのパイプを大切に、つながり続けられるようなNPOでありたいです。