お知らせ:発達障がいへの理解を深める学習会〜Basic〜

2014.07.07 Monday

0
    7月17日(木)午前10時から、新潟ふれあいプラザ会議室にて、下記学習会を開催します。
     
    ≪発達障がいへの理解を深める学習会〜Basic〜≫
    10時〜11時15分 
     “達障害と福祉制度
     新潟県発達障がい者支援センターRISE 山本勝也氏
    11時25分〜12時30分 
     ▲好織鵐丱い任亮茲蠢箸
     ワーキングサポートセンタースタンバイ センター長 角田千里
    午後1時30分〜午後3時30分 
     心理アセスメントについて
     新潟青陵大学 鈴木秀子氏

    申込み方法 メールにてお願いいたします。
    メール seminar@niigata-autism.jp
     ★受講される講座の番号、お名前、所属機関名、住所、電話番号(日中連絡可能の番号)を明記ください。

    申込み締切日 7月14日(月)

    定員 50名程度

    参加費 無料

    お問い合わせ 025-250-7365 担当 坂井まで



    自閉症スペクトラム基礎セミナー(ご報告)

    2014.06.30 Monday

    0

       今年度当法人は新潟県より「新潟県発達障害者等支援者養成事業」を受託しました。
      (今年度の当法人で実施する研修等は新潟県から委託を受けた上記事業の一環になります。)

       
       去る、平成26年6月29日(日)新潟テルサにて『自閉症スペクトラム基礎セミナー』(講師:新潟県はまぐみ小児療育センター所長 東條惠先生)を開催いたしました。
       午前中は大雨でしたが、午後にはすっかり晴れ、参加者の皆様が集まる頃には足元の水溜りもなくなっていました。

       参加者138名。新潟テルサの大会議室が空席を見つけられないほど満員でした。

       遠方から、また成人福祉施設の職員の方々からの参加も多く
      、発達障害への感心の高さ、広がりを感じた一日でした。ありがとうございます。
       今回東條先生から学んだことをこれからの支援に役立てていただきたいと強く思います。

      次回は、9月20日(土)PMより  “新潟こころの発達クリニック”の遠藤太郎先生に講師をお願いしております。

      案内が出来次第、随時アップしたいと思います。

      (研修担当:坂井)

      お知らせ

      2014.05.26 Monday

      0
         新潟県発達障害者等支援に関する研修
         自閉症スペクトラム基礎セミナー
          講師:新潟県はまぐみ小児療育センター 所長 東條惠(小児科医)
          日時:平成26年6月29日(日)13:30〜16:30(受付13:15〜)
          会場:新潟テルサ 大会議室
         ※既に定員に達しました。沢山のお申し込みありがとうございました。

        シンポジウム・アンケート結果

        2014.02.23 Sunday

        0
           2月1日(土)に開催いたしました
          生きづらさを抱える若者の社会参加を考えるin新潟
          のアンケート結果を、NPO法人にいがた・オーティズムのサイトに追加しました。

          ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。


          はたらく準備教室(発達障がい者就職支援セミナー)第二回目

          2013.12.26 Thursday

          0
            12月21日(土)第二回目となるはたらく準備教室を開催いたしました。



            第二回目は、「職業人として求められること」
            参加人数は、37名。(ご本人21名、家族10名、支援者6名)
            午前は、あいさつ・返事をはじめとするビジネスマナーの講義、
            午後からは、4グループに分かれてのロールプレイにて実際のあいさつを練習しました。
            また、「身だしなみ」(清潔保持と言われること)の大切さについても説明しました。

            (職員から「あいさつ」の手本を示します↓)

            ※腕(手)の組み方も参考にしてください。(男性)

            演習の最後には、参加者全員が、あいさつ(発声とお辞儀)をすることができました。

            締めくくり、就職ガイダンスを新潟市発達障がい支援センター「JOIN」の
            相談員・斎藤あすかさんからプレゼンをいただきました。

            参加されたご家族から多かった質問として
            障がいのあることをクローズでいくのか、オープンか…が、ありました。

            もちろん、「ゼッタイ」なんて答えはあるわけではないのです。
            しかし、多くの方々がクローズで一般就労を望み(障がい者としての雇用ではない)
            最終的にはオープン(障がい者雇用枠による就職)となることも現実です。

            だからと言って、『転ばぬ先の杖』をどんなに用意したとしても
            ご本人やご家族が実際に経験することが、その方の答えになっていくのだと
            思っています。

            誰彼の人生ではなく、その人自身のための人生ですものね。

            本人が自分の人生を歩いていくのですから、正しくその特性を
            認識することが大事ですね。
            また、本人に判断力が充分に備わっているかどうかを
            家族を含めて私たちは、客観的に見つめ続けなければならないのだと
            あらためて思った「はたらく準備教室」でした。

            C.Kakuda





            はたらく準備教室(発達障がい者就職支援セミナー)第一回目

            2013.12.17 Tuesday

            0
              先週末の土曜日に、第一回目の『はたらく準備教室』を開催しました。


              「新潟市障がい者職業能力開発プロモート事業」として
              例年、身体、知的、精神の3分野では実施されてきましたが、
              今年度「発達」は初めての実施となります。

              定員50名のところ、40名のお申込みをいただきました。


              第一回目は、「己を良く知ること」がテーマ。

               発達障がいを持つ方々が一般の職業に就いた時、
              どのような姿が現実にはあり、どのような困難を持っているのかを軸に講義は進みました。
               また、自分自身と照らし合わせてその改善できるポイントを認識する大切さを紹介して
              第一回目を終えました。



              午後からは、4つのグループに分かれてのディスカッション。


              「障がい」を恥ずかしいと思っていますか?
              という設問に、恥ずかしくない、障がいがわかってホッとした、
              障がいは生まれつきのものだから…というお話をされる方がいらっしゃる中、
              「やっぱり恥ずかしい」と感じている方もいました。

              そして、多くの方々が
              将来の自立を考えている(心配している)こともわかりました。

              次回は、今週末の土曜日(21日)に開催されます。
              第二回目のテーマは「職業人として求められること」です。


              セミナー・アンケート結果

              2013.08.16 Friday

              0
                 8月3日(土)に開催いたしました
                自閉症スペクトラム基礎セミナー2013
                のアンケート結果を、NPO法人にいがた・オーティズムのサイトに追加しました。

                ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

                自閉症スペクトラム基礎セミナー2013

                2013.08.05 Monday

                0
                  去る 8月3日(土)
                  自閉症スペトクラム基礎セミナーを開催しました。

                  参加者61名。





                  毎年、東條先生からASD(自閉症スペクトラム)について
                  ASD者の立場から見る世界、その世界観の理解と
                  実際に彼らに直接関わる人たちが、どのような視点(理解)で
                  支援を組み立てていくことが大切かについて
                  丁寧なご講義をしていただいています。
                  もちろん
                  保護者、保育士さんの参加が多いセミナーです。



                  この日の東條先生の講義を拝聴する中で、
                  やっと、時代が動き、変わり始めたことを感じました。

                  診断は何故必要なのか。
                  幾度となく私たちは伝えてきました。
                  支援を組み立てるためです。

                  親が認めないのですが…という質問も
                  これまでどれくらい受けたかわかりません。

                  親への遠慮が、当のこどもの生育過程において
                  どれほどのデメリットを生じさせるか。させてきたか。

                  手をこまねいているだけ
                  傍観者になるだけ
                  愚痴で終わらせるだけ
                  それらは、もう終わるのです。

                  教育支援者は、個別支援計画を立て、
                  当事者とその家族に、席についてもらいましょう。

                  すべては、そこから始めます。

                  (C.Kakuda)






                  セミナー・アンケート結果

                  2013.08.02 Friday

                  0
                    7月13日(土)に開催いたしました
                    発達障害のある人たちの就職 
                    SIAS
                    〜スタンバイ評価方式の具体的取組〜
                    のアンケート結果を、NPO法人にいがた・オーティズムのサイトに追加しました。

                    ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。


                    お礼 SIASセミナー

                    2013.07.17 Wednesday

                    0
                       

                      去る、7月13日(土)に開催いたしました
                      発達障害のある人たちの就職 
                      SIAS
                      〜スタンバイ評価方式の具体的取組〜に
                      ご参加いただきましてありがとうございました。

                      現在、アンケートの集計をしております。
                      (アンケート回収率が、なんと89.1%!)
                      まとまり次第、サイトにてご報告いたします。