親知らず抜歯 その3

2018.10.27 Saturday

0

    いよいよ手術前日。

     

    3時前に入り、たくさんの説明を聞く。

    手術前後の注意事項、特に麻酔に関しての説明が多い。

    それでも手順書があり(イラスト入り!) わかりやすくなっていた。

    いろいろ細かなことの心配はあるものの、ここまで来たら後戻りできない!

    夕食を食べ、大きなお風呂で入浴。

    ここまでは大きな問題もなく過ごすことができた。

    さあ、最初の難関は睡眠!!

    大人しく寝てくれるだろうか?夜中に声を出したりしないだろうか?

    9時には消灯(早い!)

    「明日頑張ろうね」と声をかけると、突然私の首に手をまわしてきた。

    こんなことは初めてだったのでビックリしたけれど、この子なりに不安だったのだろう。。。

     

    夜の心配は取り越し苦労に終わり(ホッ)5時にはお目覚め。

    食事がないことも手順書のおかげか、問題なく過ぎた。

    今度は手術着を着て、紙パンツに変えなければならない。

    紙パンツにはちょっと抵抗したけど、これくらいは仕方がない。

    飲み薬でちょっとウトウトするが、寝ない。

    車いすで手術室へ。

    手術室に入ると大騒ぎ!!しかし、麻酔のマスクをつけられると5秒で寝る。

    あとは終わるのを待つのみ。

    手術はお昼前に終了。

    1時間くらいは寝ているでしょうという話だったが、話の最中から手が伸び酸素マスクをはずそうとしている。(うそ!)

    なんと45分くらいで起きてしまう!

     

    さあここから親子の格闘。

    出血が気になり、吸い出そうとするからなかなか止まらない。

    ようやく出血が少なくなると、今度は縫った糸が気になり口の中に指を入れる。

    気を紛らわそうとしてもうまくいかない。。。

     

    そして最大の戦い!

    様子を見に来た父親が帰ると自分も帰ると騒ぎだした!

    病院中に響く叫び声!一番恐れていたこと。こうなるとどうにも収まらない。

    幸いまだ先生たちが残っていてくれたので、診察してもらい、変わったことがあればすぐ連絡することを条件に退院。

    家でも糸を取ろうと必死だったが、叫び声がないだけまし。

    3日くらいは頬もパンパンにはれ上がっていたが、痛みは訴えなかった。

     

    一度に4本抜くという強行だったが、今思うとこんなことは1度しかできないだろう。

     

    後日、日本自閉症協会のASJ保険に1日入院の請求を行った。早い対応に感謝でした。

     

    (ブルーアップル)

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL