教材5

2015.03.12 Thursday

0
     今日のテーマは数です。
    数は抽象的な概念ですが、数字に興味をもつお子さんは多いです。
    マークや文字としてだけでなく、量の概念の芽生えを促す一例に、
    数字カードを使います。
    数字カード
    文字カード、赤いシール、青いシール、りんご、緑シール、お魚のカードは
    それぞれ意味があります。色が変わった、物になった、配置が違う、ランダム等々
    最初は1〜3位で文字カードをお皿やホワイトボードに貼って分類したり、
    その他、多い少ないの課題でも数字カードは利用できます。
    数字 見本シール ホック
    こちらは、隣の見本を見てシールを貼ります。4の方は、見本も作ってもらいます。
    数字しか書いてない問題と貼るシールを余分に用意して、数量が理解できているか
    確認したりします。
    下の数字カードにホックをはめていく課題は、カードの分類ばかりでは飽き
    てきたお子さんや、なにか動作がある方が意欲の高いお子さんに使います。
    手先の課題として利用することもあります。ぱちんとはまる感覚はスッキリしますよね。


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL