親と教師のための学習会2008「就労へのステップ」

2009.02.15 Sunday

0

    親と教師の学習会全体図 14日、親と教師のための学習会が開催されました。



    中川先生 第1部。毎年お招きしている新潟市教育委員会学校支援課からは、今年も中川先生にご登壇いただきました。  
    新潟市の特別支援教育の「いま」そして「これから」を知るための貴重な機会になっています。



    久保田先生・久住先生・廣川先生 そして第2部は、コーディネーターの久保田先生(新潟県立高等養護学校教諭)に進行をお願いし、新潟大学附属特別支援学校中学部教諭、久住先生、廣川先生による実践発表。
    おふたりの取り組みは、従来の作業学習の概念から大きく進んだ画期的な内容でした。
    職業観、就労意欲を育むには、校内だけにとどまらず、地域の事業所や専門家と連携し、中学という早い段階から将来の「就労」にむけた取り組みが必要だと感じました。
    どうやって連携をとっていったのか、その方法も大変参考になり、「決して附属だからこそできた特別な事例ではない」という心強い言葉に、多くの先生、保護者の方たちが勇気づけられたのではないかと思います。
     就労を見据えた作業学習のあり方について、多くのことを気付かせていただいた大変有意義な学習会でした。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    「障害者支援」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
    • NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
    • 2009/02/18 8:29 AM
    この記事のトラックバックURL