一般社団法人日本自閉症協会 創立50周年記念式典 

2018.12.03 Monday

0

    平成30年11月24日(土)

    東京のホテルオークラで開催されました。

    協会へ加盟する団体関係者、来賓として厚労省、文科省の方々、国会議員の方々、

    医療福祉関係者他 200名、その上に常陸宮殿下のご臨席も賜りました。

     

    かつて自閉症は『親が不適切な育て方をしたから自閉症になるのだ』という誤った偏見のもと、、

    親たちは過酷な育児と周りの無理解の二重の苦労を背負わされました。

    そんな中で、同じ苦しみを持つ親たちが手を取り合い親の会を立ち上げました。

    その輪が全国に広がり全国組織となったのが50年前の1968年です。


    その第1回全国大会に常陸宮両殿下がご臨席されその御縁で今回のご臨席となりました。

    自閉症を取り巻く環境は当時と比べれば改善されては来ていますが

    まだまだ、安心というところには程遠いです。

    自閉症の人たちが安心して暮らせる世の中になることを願い

    次の世代へバトンを繋げていく再スタートの式典でした。

     

    世界自閉症啓発週間 グッズ配布

    2018.04.09 Monday

    0

      今年2018年も、世界自閉症啓発デーに合わせて、

      新潟市中央区のビッグスワンが

      ブルーライトアップされました。

       

       

      新潟市では

      3月31日アピタ西店で啓発グッズ配布が行われ、

      「逆さバイバイ君」のパネルが

      お披露目されました。

       

       

       

       

      4月7日 長岡市のリバーサイド千秋では
      自閉症啓発のグッズ配布がおこなわれました。

       

       

       

      新潟市発達障がい支援センターJOINの皆様

      新潟県発達障害者支援センターRISEの皆様

      そして、新潟自閉症協会連合会のお母さんたち

      にいがた・オーティズムのスタッフ

      そして、ワーキングサポートセンタースタンバイのアーチストたち

      そしてそして、この日のためにバックアップくださる

      関係者の皆々様、ありがとうございました。

       

      (新潟自閉症協会連合会事務局 中條・吉田)

       

      世界自閉症啓発デー2016(新潟)

      2016.04.05 Tuesday

      0
        4月2日 世界自閉症啓発デー・イベントが開催されました。

        ブルーライトアップ!

        昨年に引き続きNEXT21とビッグスワンが、青く輝きました。

        NETT21-2
        (NEXT21)

        ビッグスワン
        (ビックスワン)

        また、自閉症啓発グッズの配布が
        長岡ではリバーサイド千秋で
        新潟では食育花育センターで
        行われました。

        グッズ配布

        バルーンアートが自閉症啓発デーを
        盛り上げてくれました。

        バルーン

        (事務局)
         

        どうか、無事でありますように。

        2011.03.13 Sunday

        0

          東北太平洋沖地震
          その甚大な被害状況、壊滅的な状態を伝えるテレビ映像の前で
          この間、体も心も固まっています。

          平成16年の中越地震、平成19年の中越沖地震、
          二つの地震を経験した新潟ですが、
          今、言葉がありません。

          日本自閉症協会も各加盟団体の会員さんたちの安否について
          情報を求めています。

          http://www.autism.or.jp/cgi-bin/saigai/

          また、難を逃れた家族たちが、
          ライフラインが戻るまで、どれくらいを
          耐え忍ぶことになるのか。

          ただ、ただ、祈ります。

          自閉症の子を持つ親たちは、
          真に強い力を持ち生きているのだから、
          きっと、この試練も耐え忍び、必ず立ち上がれると信じて。。。


          (新潟自閉症協会 角田千里)

           

          新潟自閉症協会幹事会

          2010.11.04 Thursday

          0
            3日(祝)の水曜日、三条市福祉会館にて、新潟自閉症協会の幹事会がありました。
            新潟自閉症協会では、社団法人日本自閉症協会新潟県支部から「新潟自閉症協会」となって初の自閉症研修講演会を年明け1月29日(土)に予定しています。

            新潟県支部として、平成11年から毎年、中央から自閉症支援のエキスパートをお迎えして自閉症研修講演会の開催してきました。
            第六回目にあたる平成16年9月には新潟市のテルサにて辻井正次先生(中京大)を講師に800名もの来場者を迎えての講演会を終え安堵したのも束の間、10月に、あの中越地震が起こりました。川口、小千谷、越路、長岡市に住む会員さん宅は甚大な被害にあいました。
            当時この地域の復興には、10年かかるだろうと言われました。

            生々しい傷跡が少しだけ塞がり始めた3年後の平成19年7月に、中越沖地震。
            二度に渡る震災で、自閉症協会新潟県支部の活動もダメージを受けました。

            そして、その一年後の公益法人制度改革によって、社団法人日本自閉症協会の都道府県各支部は、加盟団体として独立することになります。

            平成20年からは、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の啓発フォーラムも始まりました。

            色々なことがありました。そして、今年、新潟自閉症協会は、自閉症講演会を開催できるまでになりました。

            現在の会員数は320名。

            各地区(新潟・三条・長岡・魚沼・柏崎・下越)に自閉症親の会があり、地区分会として県協会運営を支えています。
            にいがた・オーティズムは、新潟市分会の役割も担っています。
            (KAKUDA)



            1