映画と講演会「自転車で行こう」の案内です

2007.11.04 Sunday

0
    JOJOです。

    企画集団「ふあふあ」という団体からのお知らせです。

    12月2日日曜日に、西大畑の日本海タワー前の新潟大学保健学科校舎講堂にて、午後1:30より、映画会を行います。その後講演会をします。

    皆さんの中にまだ見ていない方がおられましたら、いや以前見た方ももう一度という方がおられましたら、足をはこんでいただければ、幸いです。1000円です。小学6年生までは無料、障害をお持ちの方は500円に料金設定しました。

    映画の内容は以下で見てくださいね。
    http://www.montage.co.jp/jitensya/

    自閉症の青年の地域の中での生活ぶりを描いたドキュメンタリー映画です。大阪の地のお話しです。講演は監督(新潟出身で実家は新潟市です)を予定しておりましたが、急遽撮影が入ったためプロデューサーの方になりそうです。

    よろしくお願いします。お待ちしております。

    JOJOからのご挨拶

    2007.07.16 Monday

    0
      JOJOと申します。本名は東條恵というのですが、なんとなく硬いのと・・愛称がいいなあでも誰も愛称で呼んでくれないなあ・・で、JOJOと自称しています。生きているうちにJOJOの名前で本を作りたい・・とは夢です。

      事務局からお話しがありました。たまに書き込んでいこうと思います。

      仕事ははまぐみ小児療育センターで小児科医、小児神経科医、児童精神科医、リハビリテーション医として仕事をしています。これらの資格があるということではなくて、その様な範囲の仕事をしているという紹介です。簡単に言うと「療育医」とまとめられると思います。

      趣味としては、二胡と馬頭琴に40代よりはまりました。飽きっぽい中で、15年くらい続いています。たまたまピアノの先生に拾われて、3人組(ピアノ、キーボード、フルート)として演奏を時々したりすることが、続いている理由かもしれません。小さな規模ですが、コンサートが始まる前の若干の緊張感はそれなりに毎回新鮮です。また一度ですが、モンゴル国へ旅行したことが続いている動機付けかもしれません。馬頭琴を現地で聞きたくて・・それだけの思いで行った旅行先でしたが、いろいろと感じさせてもらったのでした。

      自閉症にはこの10年はまったように思います。自分を振り返ることが出来るのです。そして人間と言う存在や生命体の存在様式を考えさせてくれたからです。そして、へたではありますが文章を書くようになる契機をつくってくれました。本当は絵を描きたかったのですが・・。ともかく、よりことばで考えることをするようになりました。これも自分にとり興味深い作業となっています。

      それでは、若干の人が見るであろう事を意識して、ときどき書き込みますね。

      東條恵(JOJO)
      1