発達障害児者の早期の気づきと支援のための研修会〜第一回 早期の気づきと支援〜

2016.10.04 Tuesday

0
    10月3日(月)、燕三条地場産業振興センターにて
    新潟県主催の発達障害者支援者向け研修会を開催いたしました。


    この研修会は、昨年度から引き続き新潟県からの受託事業として実施しております。
    今年度は、会場を県央にて開くこととなり、180席の会場(リサーチコア7階)は定員を超えての参加お申し込みをいただきました。ありがとうございました。

    第一回目は、早期の気づきと支援をテーマに、アセスメントツールである「M-chat」「PARS」の紹介を盛り込んで
    新潟大学教育学部教授である有川宏幸先生からご講義を賜りました。

    早期の気づきを促すということは、単に診断名を伝えることが目的ではないはず。
    だから?どんな見通しが持てるの?どんなことをしたらいいの?までを伝えられて、はじめて早期支援ですよねと、
    支援者のできること、そのときの対応、伝え方(言い方)について、有川先生から熱く、強く、伝えていただきました。

    講義

    第二回目は、12月5日(月)、「大人の発達障害」について、開催いたします。

    成年後見制度「親亡き後に備えて、準備しておくこと」

    2016.09.30 Friday

    0
      自閉症のある我が子らのこれからの暮らし方、終わり方についての準備を始めるため 今年度から「ツイノスミカ準備委員会」を立ち上げています。 昨日は(9月29日)は、 「成年後見制度」の基本的な知識学習のための勉強会を 新潟市総合福祉会館にて開催いたしました。 講師に、西通り弁護士事務所から 大花真人弁護士にご登壇いただき、 成年後見について、丁寧にわかりやすいご講義をいただきました。
      大花真人弁護士
      ========
      我が子がこの世に生を受け、同時に背負わされてきたものは、
      親である自分自身の一生をかけても取り去れないものであることを知ってから
      そして、この障害がわかればわかるほど
      重篤なものであると認識が深められるほどに
      私は、ずっと「死」を傍においてきたように思います。

      それはそれは多くの親たちによる活動と支え合いによって
      NPO法人にいがた・オーティズムは設立されました。
      そのオーティズムが事業体としての自立も果たした今
      いよいよツイノスミカについて、あるいは、
      その後のことについての舵取りを許されるときがきたことを
      真摯に受け止めつつ、
      これからの当法人の可能性を模索していきたいと
      気持ちを新たにした一日になりました。
      (かくだ)

      [報告]新潟県発達障害者等支援者養成事業

      2015.03.17 Tuesday

      0

        去る3月12日(木)新潟県発達障害者等支援者養成事業(緊急雇用創出事業)における
        「支援者養成研修」の修了式を行いました。



        上記事業所に採用された新人職員の皆さんが、今年度予定されていた
        研修をすべて受講され、また、ワーキングサポートセンタースタンバイ内での
        実践実習に4時間以上、余暇活動である行事に1回のカリキュラムを受けられ
        無事に修了されました。













        新発田市のハローハローさん
        長岡市のピュアハートさん
        新潟市のスワンベーカリーさん
        長岡市のCサポキッズさん
        刈羽村の夢工房さん
        そして、新潟市のふらっとさん

        受講された支援員の変化、気づき、各事業所においての
        具体的な実践内容等を事業所の責任者とともに発表いただきました。



        これからも、発達障害のある方々の支援について
        共に学び合い、つながっていきたいですね。

        1年間、大変お疲れ様でした。

        また、新潟県障害福祉課の涌井様、ありがとうございました。
        (角田)

        基本から学べる発達障がい『発達障害児の理解とその支援』(ご報告)

        2014.12.04 Thursday

        0
           平成26年11月28日(金) 新潟テルサ大会議室にて基本から学べる発達障がい『発達障害児の理解とその支援』を開催いたしました。
          150名の方にご参加いただきました。
          講師の先生は新潟大学教育学部准教授 有川宏幸先生でした。
          今回の講義では、アインシュタインなど歴史に連ねる偉人のお話から最新の診断基準DSM-垢悗諒儿硬澄∈膿靴涼慮の講義もあり、更に発達障害の感覚を体験することもでき、大変充実した講義でした。
          実際体験することで、視覚支援や予告の大切さ、感覚刺激の鋭敏さへの配慮の必要性を改めて深く理解することができました。(研修会担当:坂井)

          有川宏幸先生

          研修会開催のお知らせ

          2014.10.30 Thursday

          0
            新潟県発達障害者等支援に関する研修
             基本から学べる発達障がい『発達障害児の理解とその支援』

            講師:新潟大学教育学部 准教授 有川宏幸 氏
            日時:平成26年11月28日(金) 14:30〜16:30 (受付14:15〜)
            会場:新潟テルサ 3F 大会議室
            ※詳しくは当法人サイト(HP)をご覧ください。
            ※定員に達したため、締め切りました。沢山の申し込みありがとうございました。

            基本から学べる発達障がい『成人期発達障害者への支援』(ご報告)

            2014.10.30 Thursday

            0

               平成26年10月25日 コープシティ花園 ガレッソホールにて
              基本から学べる発達障がい『成人期発達障害者への支援』を開催いたしました。
              (約130名の方に参加いただきました)

              今回の講座講師は、群馬県にあります
              国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
              事業企画局研究部 研究部長 志賀利一先生に
              お越しいただきました。

              第一部 『成人期発達障害者の現状と課題を考えるー就労支援を中心にー』
               特別な教育や福祉サービスを求めている発達障害者は増えている現状、
              就労支援を希望する発達障害者の特徴や自閉症と就労支援の留意点について、
              詳しく知ることができました。


              第二部 新潟太陽福祉会 はまかぜの大澤紀樹先生に
              自閉症の利用者さんへの取り組み事例や現状を発表頂きました。



               大澤先生には、参加者の皆様からの申し込みの際に頂いた質問や
              支援で困っていることを事例の中に盛り込んでいただき、
              大変具体的な内容でご講義いただきました。



              続いて『行動障害が著しい自閉症の人の生活を支えるには』について、
              再び志賀先生よりご講義いただきました。
              ひとりで過ごせる活動を持つことの重要さ、
              構造化された環境で一貫した対応をできるチームを作ること、
              地域で継続的に生活できる体制づくり・・・など、
              勉強になる事柄ばかりでした。



              今回は4時間に渡る長時間の研修でした。
              参加された皆様、お疲れ様でした。
              (研修会担当:坂井)

              発達障がいへの理解を深める学習会〜Basic〜第2回(ご報告)

              2014.10.16 Thursday

              0
                 平成26年10月15日 クロスパルにいがた 4F映像ホールにて
                発達障がいへの理解を深める学習会〜Basic〜第2回 を開催致しました。
                (参加者58名)
                参加された皆様お疲れ様でした。
                内容は
                『スタンバイでの取り組み LST(生活スキル)編』
                講師:ワーキングサポートセンタースタンバイ 中條淳子(トレーナー)


                『発達障がい児者への支援〜ペアトレの手法をてがかりに〜』
                講師:新潟県はまぐみ小児療育センター細野純子先生(臨床心理士)


                受講された皆さんそれぞれが、所属される支援機関に持ち帰って、明日からの支援に生かして頂きたいなと思います。

                来月の講座は11月28日(金) 午後 新潟テルサ大会議室にて実施します。
                講師は新潟大学教育学部 准教授 有川宏幸先生にお願いしております。
                (研修会担当:坂井)

                研修会開催のお知らせ

                2014.09.10 Wednesday

                0
                   新潟県発達障害者等支援に関する研修
                   基本から学べる発達障がい『成人期発達障害者への支援』
                             〜支援者へ知ってもらいたいこと〜
                   
                   講師:国立重度知的障害者総合施設 のぞみの園
                         事業企画局研究部 研究部長 志賀利一 氏
                   日時:平成26年10月25日(土)
                       第一部13時30分〜15時30分(受付13時15分より)
                       第二部15時50分〜17時30分
                   会場:コープシティ花園 4F ガレッソホール
                  ※詳しくは当法人サイト(HP)をご覧ください。
                  ※定員に達したため締め切りました。沢山の申し込みありがとうございました。

                  お知らせ

                  2014.08.07 Thursday

                  0
                     新潟県発達障害者等支援に関する研修
                     基本から学べる発達障がい
                     『診断と治療』〜発達障がい児者に関わる方へ知ってもらいたいこと〜
                       講師:新潟こころの発達クリニック 児童精神科医 遠藤太郎 氏
                       日時:平成26年9月20日(土)14時30分〜16時30分(受付14時15分より)
                       会場:新潟テルサ 3F 大会議室
                    ※既に定員に達しました。沢山のお申し込みありがとうございました。
                     申し込み完了している方には受講証を郵送します。当日お持ちください。

                    発達障がいへの理解を深める学習会〜Basic〜(ご報告)

                    2014.07.22 Tuesday

                    0
                       平成26年7月17日新潟ふれ愛プラザ会議室にて、発達障がいへの理解を深める学習会〜Basic〜を開催いたしました。
                       約60名の方に参加いただきました。今回の学習会は3部構成で聞きたい講座を選択してもらいましたが、多くの方が1日参加してくださいました。ありがとうございます。
                       午前は発達障がい者支援センターRISEの山本先生から『発達障がいと福祉制度』についてご講義いただき、まずは発達障がいの基本を抑えて”発達障がい”の支援(福祉制度等)がどのような背景の中進んでいるのか学ぶことができました。
                       午後は臨床心理士である鈴木先生より『心理アセスメントについて』をご講義いただきました。聞きなれない専門用語もありましたが、普段なかなか聞けない専門家のお話を聞くことができて貴重な時間となりました。多くの支援者は心理検査というツールは用いませんが、鈴木先生の検査外で見ている視点は、その方を知りたいと思うとき、とても参考になると思います。
                       中間講義の『スタンバイでの取り組み』は、また秋に後編を企画します。もっと聞きたかったというアンケートが多く寄せられています。時間が短くてすみませんでした。次回の受講をお待ちしております。(坂)